最新情報 最新情報

MONTHLY MAGAZINEマンスリーマガジン

INTERVIEW01

居室や脱衣室に弊社の天井走行型リフトや床走行型リフトを導入し、
活用されている特別養護老人ホームさんらく苑の西村施設長様にお話を伺いました。

介護職員の身体的負担の軽減と、
より質の高いサービスの提供を目指して

ーそれでは、まず施設紹介をお願いします。
特別養護老人ホームさんらく苑は2001年4月にオープンした従来型の特別養護老人ホームで、施設は大阪メトロ御堂筋線あびこ駅より徒歩3分の駅チカの好立地にあります。

法人の理念である「心身ともに安らかで楽しいホームづくり」の実現するために、施設運営においては3つの目標、「地域・社会への貢献すること」「ご利用者様が生きがいをえられるサービスを提供すること」「職員にとって働きがいのある職場をつくること」を掲げています。

さんらく苑では、介護職員の身体的負担を軽減し、より質の高いサービスの提供を目指して2015年より介護リフトの運用を開始しました。現在、天井走行式4台、床走行式2台、支柱設置型5台、鴨居型1台の計12台の介護リフトを導入しています。また介護職員は「リフトインストラクターの資格取得に挑戦するなど、ハード・ソフトともに抱え上げないケアを積極的に推進しているところです。

ACCESS